中小企業集客支援.com 【セミナー集客,資料請求/問合せ率UP講座】

BtoBマーケティングに関わる経営者様のための集客方法・対策 (ホームページ、FAXDM、テレアポなど) の情報を提供していくブログです。    新規客・見込み客開拓のためのセミナー集客、資料請求(小冊子DL),問合せ率,メルマガ登録率アップのための方法など公開しております。(東京)

更新情報

このブログの情報は“500万法人リストを活用して中小企業の集客代行・支援を行う”
(株)法人営業マーケティング(東京都)が提供しております。
ご質問・お問合せはコメントやメッセージなどでご遠慮なくお送りくださいませ。

    【業界初!】 成果報酬型×経営者集客代行サービス『ビーメール』
         ⇒ 詳細はコチラ   https://dm-syuukyaku.com
         ⇒ 会社HPはコチラ  https://houjinneigyou.co.jp

今回は営業代行業界の社長様に向けて、弊社顧問先300社だけに伝えた100%事業を黒字化にする方法についてお伝えいたします。このノウハウは、社長である貴方の心に少しでも「余裕」ができればと思いお伝えしております。普段、社長がお金の相談をするときに真っ先に誰に相談していますか? ...

今回は、”ワールドビジネスサテライト”や”めざましテレビ”など「有名テレビ番組」から取材をされる方法についてです。情報提供社は、依頼企業の95%がテレビ出演を実現させ、これまで約300社の商品・サービスを世の中に送り出している(株)デジタルラボ様です。 ...

本コーナーのノウハウ動画では「法人営業」の初心者の方、または一から学びたい方向け­の動画になります。今回は”超”がつくほど初心者の方が法人営業において必ず意識して­実行すべき3つのポイントを紹介いたします。(次回から一つずつ解説していきます) ...

法人営業のファーストコンタクトで活用する「フック商材」のつくり方。今回は解説の第三回目になります。せっかく開催したセミナーや資料ダウンロードの集客を 行っても良い成果が必ず出るとは限りません。その場合の対処方法をご紹介しています。 ...

昨今の伸張している企業や経営者が採用している販促方法として「企業出版」の活用が増えてきました。その「企業出版」は、“お客様から選ばれる”ための会社の「ブランディング」や商品・サービスの「顧客価値向上」に通じるキーワードとして頻繁にメディアでも出てきています。 ...

法人営業のファーストコンタクトで活用する「フック商材」のつくり方。今回は解説の第二回目になります。成約件数を増やすため、フック商材から成約までの営業プロセスを予め設計て、そのプロセスを自動化するのか、人的リソースを使って動くのか等の工数も見込んでおく必要があります。 ...

今回は、毎日を身を粉にして働いている社長様へ「採用・離職防止・自主退社」に効果的な方法(ガイドブック)についてです。・ぶらさがり社員・働かないベテラン社員・入社しただけで満足する新入社員(中途・新卒)・優秀だがワンマンな社員を優秀な社員に変える方法を解説しております。 ...

今回は、企業の成長(売上)にとって最も重要かつ多くの中小企業が苦手とする「新規営業問題」の解決ノウハウと『法人リスト5000件』プレゼントについてです。情報提供社は、「法人営業の効率化を追求して20年」のエコノス株式会社です。 ...

法人営業のファーストコンタクトで活用する「フック商材」のつくり方。今回は解説の第一回目になります。今回は「フック­商材」を作る場合に事前に決めておく必要のある“提供手法と役割の明確化”についてで­す。 ...

今回は、朝から晩まで働く社長様のために既存事業・新規事業について一人当たり粗利額3000万円以上の実績をあげるためのノウハウについてです。毎年立てている売上目標が”絵に描いた餅”にならないよう「狙った業績を達成する」ためのオリジナル情報です。 ...

なぜお金の出入りがうまくいく会社といかない会社が出てきてしまうのでしょうか。そこには自己資本だけでなく、他人資本をうまく活用して会社を軌道に乗せる方法が存在します。それが「銀行交渉術」です。 今回の情報提供社は「会社と家族を守って借金を返す方法」で140億の調達・返済方法を執筆された、(株)Jライフサポート様です。 ...

今回は ”黒字継続”の要素としての、資金繰り対策の他に組織・商品/サービス・経営者ご自身のことなど、経営に関わるすべてを網羅したセミナーについてです。資金繰り改善に頑張りすぎて頑張りすぎて「情報がかたより過ぎる」のを防ぐために 多面的に黒字経営を目指すための実践方法をお伝えいたします。 ...

今の時代、新規のお客様(特に潜在客)に対して最初からセールス(売込み)をしてしまいます。そのため一度のアプローチで見込客まで失ってしまう「焼き­畑営業」を見直す風潮になっています。最近見直されている営業方法は「農耕型営業」という、スタイルです。 ...

このページのトップヘ

Google+