中小企業集客支援.com 【セミナー集客,資料請求/問合せ率UP講座】

BtoBマーケティングに関わる経営者様のための集客方法・対策 (ホームページ、FAXDM、テレアポなど) の情報を提供していくブログです。    新規客・見込み客開拓のためのセミナー集客、資料請求(小冊子DL),問合せ率,メルマガ登録率アップのための方法など公開しております。(東京)

カテゴリ:コピーライティング > コピーライティング講座

「顕在客」「潜在客」のどちらを攻めるか?を決めた後はそれに紐づいて“広告手法(広告文章・キーワード)”を合わせる必要があります。お客様の種類には、自分のニーズに気付いて情報を探している「顕在客」と自分のニーズに気付いていなくて情報も探していない「潜在客」がいらっしゃいます。 ...

今の時代、コピーライティング能力がお金に変わる時代です。ブログ・facebookなどソーシャルメディアやホームページでお客様に情報を提供し続けるだけで相手との関係性構築ができ、それが次の営業ステップにスムーズに進めやすくなります。 ...

今年に入り毎月、国や都へ事業計画や補助金申請書など公式な書類を提出していて気づきがありましたのでご参考までに共有いたします。申請書類としての基本は(閲覧・審査する人が)見やすいか(読みやすいか)” から始まります。 ...

お客様候補にあなたの書いたコピーライティングを読んでもらうために、まずは次の2つを知っておく必要があります。1.アナタのコピー(文章)を読んでいる人は誰?2.通常の文章とコピーライティングの構成の違い もしかしたらあなたのコピーライティング嫌いの理由が解消されるきっかけは、ほんの些細な一文から始まるかもしれません。 ...

前回「お客様は長いコピーライティングを信頼する」ということをお伝えしました。 せっかく書いたコピーやコンテンツはどうせなら、いやゼッタイ見てもらいたい! しかし今回もアナタのお客様はアナタの記事を、、、「見ない、読まない、行動しない」この前提を元に今回はコピーの“みやすさ・読みやすさ”について以下をお伝えしてきます。 ...

自社のノウハウや資産をどれだけ継続的に公開してくかがキモの「コンテンツマーケティング」ではお客様は “長い” のがお好きなんです。ここでいう“長い”とは当然、コンテンツのボリュームのことです。そこで今回はコピーライティング講座をお休みしてなぜ “長い” のが好まれるかの理由を探ってみました。 ...

コピーライティングの基本的記載項目とは?今回はせっかく書いたコピー(文章を)“読んでもらう”という前にコピーを“見てもらう”を重点に進めていきます。 このブログでもお伝えしているように、アナタのお客様はアナタの記事を「見ない、読まない、行動しない」。ですのでまずは“見てもらう”ことから始めた方が良さそうです。 ...

企業のマーケティングにソーシャルメディア、ブログなど“オウンドメディア”、いわゆる自社メディアが頻繁に活用され始めた昨今、「自分のことは自分で」やる企業が増えてきています。ですので“書くことが死ぬほどイヤ!”という貴方のためにコピーライティングをステップbyステップで進めてみようと思います。 ...

このページのトップヘ

Google+