51

   
 
【リーダー向け】
組織・社員間の不信感を取り除き、生産性/士気を
30%向上させるには?
   
     
今回は、「社員の帰属意識の醸成と、パフォーマンスの向上」
についてです。
   
情報提供者は、P&Gをはじめ、大手優良外資系企業4社で
ビジネス構築と経営変革、人材開発をリード・実践している
HPOクリエーション(株)様です。
   
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(本文購読時間:2分)
          
          
お世話になります、HPOクリエーション(株)でございます。
弊社は、ハイパフォーマンス組織構築(組織変革・経営革新・
人事制度変革)のサポートを実施する会社でございます。
         
  
今回は、組織リーダーや人事部員の方向けのワークショップの
お知らせと、「社員の帰属意識の醸成と、パフォーマンスの向上」
についてです。
         
以下の課題を来年に向けて解決したい
経営者様、人事関係者様にお役に立てる情報です。
      
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▲生産性・パフォーマンスの高い組織へと変革したい
▲社員を同じ方向に導くリーダー・管理者を育てたい
▲個々の社員が率先して動け、また働きがいのある環境を創りたい
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
 
ワークショップの詳細はこちらです。
    
 
    
人事・組織力強化に携わる貴方にとって
いかに「組織、社員のパフォーマンスとモチベーションの向上」を
維持していくか? は一番大きなテーマではないでしょうか。
  
     
    
グローバル調査会社ギャラップ社は毎年、企業や組織メンバーの
エンゲージメント度合い(組織への帰属と会社目標への共感)と
その生産性への影響を調査しており、なんと米国労働人口の7割もが 
そのエンゲージメントを感じていないようです。
   
(これによる企業の生産性の損失は3000億ドルにも
 及ぶと推測しています)
     
      
そこで今回は「今いる社員のパフォーマンスとモチベーション
(人財の質)」について考えてみたいと思います。
      
      
   
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
1.優良企業が大切にしていること
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
      
米国グレートプレース・インスティチュートは 毎年
「働きたい中小規模の会社ベスト50」を選定しており、
その中で1位に輝いたアナリティカル・グラフィクス・インク
(以下AGI社、1989年創業)の例をお伝えします。
      
AGI社は独自の企業文化の形成のために、
「置かれた環境の中で正しい意思決定ができる社員」を
育成することを重要視しています。
      
      
      
そのためにAGI社は、以下のことに取り組んでいます。
       
1)チャレンジに繋がるアサインメント(仕事の割り当て)の機会
2)育成とキャリア開発の機会
3)風通しの良いオープンなコミュニケーション
4)就業時間の柔軟性
5)従業員に対するケア
      
       
この中で最も重要視するのは、3)の
「風通しの良いオープンなコミュニケーション」でした。
      
その結果、AGI社員も「私たちがこの会社で働くのは、社員への特典
ではなく、この会社の文化や雰囲気です」と言い切っています。
       
        
     
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
2.決め手は「経営者・リーダーのコミュニケーション」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
        
米国人材マネジメント協会が「働きたい会社」として表彰された
様々な企業へインタビューを行っています。
        
そしていろいろな成功要素の中でも特に大切と感じさせられたものが
「経営者・リーダーのコミュニケーション力」で、
「偉大な経営者・リーダーは偉大な コミュニケーターである。」
としています。
         
       
表彰されたベスト50社における会社のコミュニケーションの
特徴を5つにまとめています。
         
1. 社員とオープンにコミュニケーションをとる機会を頻繁にもつ
2. 社員からマネジメントや会社に対するコメントやフィードバックを
 もらう 
3. 社員の言葉に心から耳を傾け、質問には回答する
4. 社員からのフィードバックに対し、きちんと行動を起こし、応える
5. 意思決定には社員を巻き込む
       
       
即ち、会社の真実を正直に伝えることだけでなく、
その声を社員満足(働き甲斐など)や、生産性の向上に繋げることが
経営者・リーダーの役割としています。
     
     
      


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
3.エンゲージメント強化のために
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
        
「やめずにしっかり頑張って働こう」
        
       
シンプルに書くとこうなるのですが、何も対策をしなければ
そう社員に思わせることは不可能でしょう。
        
最初に申した「社員全員の高いエンゲージメント(組織への帰属心と
コミットメント」には、リーダーのあり方と働く仕組みが必要です。
      
それを構築させる、風通しの良いコミュニケーションや福利厚生など
”目に見える要素”と、「働き方のしくみ」、「成長のしくみ」、
「マネジメント力とスタイル」など”目に見えない要素”が存在します。
     
    
      
そこで「今いる社員のパフォーマンスとモチベーション(人財の質)」
を上げるため、確実に組織変革を達成したいリーダー/人事部員のための
「組織変革ワークショップ」を11月に開催いたします。
     
     
【ワークショップで期待される効果】
          
1.会社の生産性やコスト効率の向上
2.サイクルタイムの向上とスピード経営の促進
3.社員の能力・士気・コミットメントの向上
4.企業風土や文化の醸成
5.業績・売り上げ・利益率の改善
6.顧客の皆様自らも組織変革・開発の方法を学ぶことにより、変革能力を体得
     
     
     
詳細はこちらからです。
     
  
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
4.弊社について
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
    
弊社、HPOクリエーション(株)は2003年1月に設立し、
これまで200社以上の成長を、リーダーと人財の育成を通して
お手伝いをしてきた会社です。
      
講師である代表の松井義治は、P&Gをはじめ、大手優良外資系企業
4社でビジネス構築と経営変革、人材開発をリード・実践しています。
    
キャリア前半10余年はマーケティングやブランドマネジメントの
リーダーとしてビジネス強化に貢献。後半10年は日本やアジア諸国
の人事本部ディレクター、北東アジア組織開発部長(社内コンサルタ
ント)に従事してきました。
      
現在は事業の傍ら、米系大学で教鞭をとっています。
また、欧米の教育機関や組織開発機関とネットワーキングを図り、
最先端の理論と現場で実証された実践的な人材開発と組織変革の
プログラムの提供により、よりハイパフォーマンスな組織(HPO) と 
グローバルリーダーの創造や営業変革などを支援しています。
     
      
会社概要はこちらからです。
    
     
    
人に、組織に、「自ら成長するしくみ・能力・文化」を
創り込むことが、私たちの使命です。
   
      
ぜひご都合あわせの上、ワークショップにお越しくださいませ。
      
     
      
ワークショップ、資料請求についてはコチラからです。
         
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
       
    
以上になります。
        
ご不明点などありましたら申し付けくださいませ。
    
よろしくお願い致します。 
     
             
           
------------------------------
セミナー集客については、弊社まで
お気軽にお問合せくださいませ。
------------------------------
投稿 inoue takao