foval



【経営者向け】
"ヒト・モノ・カネ"が全てうまくいく
「成功する経営者の在り方」とは?



今回は、5年後・10年後の経営に不安を抱える経営者の
利益貢献のため講座で公開している「成功する経営者の
在り方」についてです。


情報提供社は、延べ20万人の経営者に向き合ってきた、
寄り添うコンサルティングを実践している
(株)フォーバル様です。(東証一部上場 証券コード:8275)
   
    
   
このような課題をお持ちの経営者様にお役に立てる内容です。
      
===================
・下降気味の売上改善/利益の確保
・スムーズにいかない後継者問題
・次の幹部候補の育成
・社員教育/モチベーション向上
===================
  
詳しくはこちらから。
   
  
     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
逆風に強い会社を作る「在り方経営」とは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

多くの企業が利益を追求しているにもかかわらず
赤字企業と倒産率が一定を保っているのは "重要な成功法則" 
を見逃している、ということかもしれません。
    
・企業の赤字率 (63.5%:平成28年度)
・企業の倒産件数(8,405件:平成29年度)
   
※東京商工リサーチ統計より:2018年4月
(日本の企業数:421万企業)
   
   
   
また企業全体の「売上阻害要因 TOP2」も毎年その順位は
変動することはありません。
     
1.人材の不足
2.製品力・サービス力・技術力の不足
      
※東京商工会議所
「中小企業の経営課題に関するアンケート」p5より:2018年3月
     
       
     
しかし、企業の命題である「継続経営」のために、今後どんな
経営環境の変化が起きてもそれに影響されない
"市況と競合に左右されない"「強い商品・サービス」と、
それを提供する「意識の高い人材」の支柱となる経営基盤を
強化する必要があります。
    
   
  
  
その「経営基盤」こそが、
あなたの経営者としての「在り方(ブレない軸)」なのです。
  
 
 
経営基盤とそれを作る経営者としての「在り方」とは一体何でしょう?
  
弊社は、以下の2つであると考えます。
   
1)企業は何のために存在するのかという存在の意義、目的 
2)そういう存在意義をもつ企業の、
  経営の進め方についての基本的な考え方
   
  
  
しっかりと構築した理念や在り方が、どういうふうに売上・
利益につながるか、そして貴社の状況を踏まえた「在り方
(ブレない軸)」の作り方をこれまでの事例・実践方法を
通してお伝えいたします。
       
      
詳しくはこちらから。

*課題を克服してさらに成長した企業様の事例はこちら
   
    
    
      
順調だった弊社事業ですが、2007年3月期連結決算では
売上高が最盛期の約65%にまで落ち込み、20億円超の
経常損失を計上しました。
      

それでも弊社はブレない大久保の舵取りの元、前期連結決算
で過去最高の経常利益を計上した2005年3月期決算と肩を
並べるまでに復活を遂げました。
     
     
どのようにしてピンチを脱出し、
新たな成長ステップを手中にすることができたのか?
       
売上・利益につながる鉄板ノウハウを元に
これまでの事例・実践方法を大久保流経営の伝道師達が
貴社をサポートいたします。


   
無料サポートの詳細はこちらから。
   
     
   
それではどうぞよろしくお願い致します。
    
    
   
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 株式会社フォーバル コンサルティングディビジョン
 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 
 青山オーバルビル14F
 TEL 0120-4086-53 / FAX 03-5464-9140
 ホームページ:https://www.forval-consul.com
 お問合せ専用ページ:
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■





投稿 inoue takao